夫婦ふたりのなごやか暮らし
食べることと、ねこが好き。夫婦ふたりで料理や家事など日々の暮らしについて書いています。
オーダーフォトブック
プロフィール

もなか&タルト

Author:もなか&タルト
食いしん坊の夫婦です。「ついでに」「せっかくだから」が口ぐせ。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング参加中
英和・和英対訳DB
ランキング参加中
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

先日は、風邪で一週間寝込んでしまった。

買い物に行けなかったので、冷蔵庫が空っぽ。

ひらたけに、にんじん、こんにゃく…。

うーん、これでごちそうは難しい。

わたしのおなかもまだ本調子ではないし。 そうだ、今日はすいとんにしよう。 すいとん

「これ、なあに?」と夫。
「ひっつみ鍋よ」
「ひっつみ???」
すいとんをつくったのなんて初めてなので、夫は不思議そうに している。

わたしの郷里では、すいとんを「ひっつみ」と呼ぶ。
小麦粉の生地をつくって、指で〝摘まんで〟汁に入れるという意味。
寒さの厳しい東北地方は、冷害で米が取れないことがあり、ひえや 粟、きび、小麦などを食べることが多かった。 「ひっつみ」は代表的な郷土料理である。

「おいしかったよ。また作ってね」

すいとんが美味しいなんていったら、私の親世代にはどんな家かと 思われそうだけれど、きちんとだしを取って、たくさん野菜を入れると 結構おいしく食べられる。

幸い、夫も気に入ってくれたようだ。


まずはピンチを乗り切れてよかった。 あしたこそはお買い物に行かなくては。 タルト 記
にほんブログ村 グルメブログ ヘルシー料理へ 

「にほんブログ村」「人気ブログランキング」に参加しています。
お手数ですが、上のバナーをクリックしていただけたらうれしく思います。
バナーは、類似テーマのブログの一覧にリンクしています。



スポンサーサイト




知り合って間もないころ、妻と僕はお互いに忙しく、会う時間が なかなかとれなかった。 しかも、二人とも電話が嫌い。 そこで、やり取りには電子メイルを使っていた。

あるとき、食べ物の話になり、彼女がチーズが好きと書いてきた。 どんなチーズかと尋ねると、カマンベールだと言う。 僕もチーズが好きで、カマンベールもよく食べていた。 けれど、その頃の僕は、カマンベールに似ているが、もっと柔らかい ブリーを買うことが多かった。 そこで、彼女にブリーは好みかと訊くと、知らないと言う。

 次の日、行きつけの輸入食品店に立ち寄ってブリーの値段を確かめ、 その夜、彼女に知らせた。 100gで562円だったよ」 帰りがけに買い物しやすいように、彼女の家の沿線にある支店の 場所も併せて知らせた。 輸入チーズは百貨店や専門店でも売っているが、輸入食品店に 比べると値段が高い。 そんな店に行くことになっては申し訳ないと思い、値段と店の場所も 知らせたというわけだ。

僕としてはごく当たり前のことをしたつもりだったが、彼女は好感を もってくれたようだった。

チーズの名前を教えてくれる人はいても、値段や、まして、 買い物しやすい店まで調べてくれる人はそういないわ」 のちに、彼女はこう説明してくれたのだけれど、僕は今も不思議に 思っている。 世の人々は、そんなにも不親切なのだろうか? ブリ―チーズ

この答えがどうなのかは今もわからない。 ただ、たったこれだけのことで好感を持たれ、ついには結婚することに なったのだから、世の中、何が幸運を導くかわからない。

今、ぼくたちの家の冷蔵庫にはいつもブリーチーズがあり、 二人で楽しんでいる。 もなか 記  にほんブログ村 グルメブログへ 

「にほんブログ村」「人気ブログランキング」に参加しています。
お手数ですが、上のバナーをクリックしていただけたらうれしく思います。
バナーは、類似テーマのブログの一覧にリンクしています。



酸っぱいものが苦手だ。 酢の物、梅干し、レモンあたりはまだわかるが、いつか オレンジゼリーをつくったら、 「うおー、す、すっぱい!」 と部屋の中を走り回っていたくらい酸味に敏感だ。 オレンジゼリー

実はわたしも酸っぱいものが苦手。 子どものころは、夏になると出回るグレープフルーツが憂鬱の 種だった。 舌を刺すような酸味が、わたしにはきつすぎたのだ。

その上、わたしの実家ではグレープフルーツに砂糖をかける。 たぶん甘さで酸味を和らげようとしているのだと思うのだけれど、 酸っぱい上に甘いと、味覚が混乱する。 あまり楽しい経験ではないので、いまだに自分で買うことはない 果物だ。

偶然なことに、もグレープフルーツが苦手で、ついでに砂糖を かけるのもだめ。

だからうちではグレープフルーツが出ることはないし、酸味の強い 柑橘類は、糖蜜をかけて寒天と一緒に食べるか、砂糖と煮詰めて ジャムにしてしまう。

「好きなものが同じ」は共同生活の秘訣のようにいわれることが多い。 でも実は、「嫌いなものが同じ」も結構重要なことなのではないかと 最近は思っている。 タルト 記

にほんブログ村 その他生活ブログへ

「にほんブログ村」「人気ブログランキング」に参加しています。
お手数ですが、上のバナーをクリックしていただけたらうれしく思います。
バナーは、類似テーマのブログの一覧にリンクしています。