夫婦ふたりのなごやか暮らし

食べることと、ねこが好き。夫婦ふたりで料理や家事など日々の暮らしについて書いています。

夫のシャツで小物づくり

「このシャツ、袖を短くできないかな?」

何年も前に買ったシャツを、夫がもってきた。

最近は夏の暑さも厳しいから、長袖よりも半袖のほうが出番が 多い。


「少し袖口がくたびれてきているから、ちょうどいいわね。 短くしましょうか」

ちょきちょき、ちょきちょき。

シャツは半袖丈に仕上げて、夫に渡した。


さて、中途半端に余った袖部分をどうするか?

腕カバーにするには短いし、袖口に芯地が入っているので 縫物には使いにくい。

袖口の部分を生かして使えるので、ごく短い腕カバーにしてみた。 腕カバー


作ってはみたものの、具体的な使い道が思いつかなかったのだが、 これが意外と役に立つことがわかった。

夏場、自転車で買い物に出かけるときに、ちょうどいいのだ。

袖口から出た手の甲を覆うのに、具合がいい。


冬場には、また別な用途があった。

毛糸のカーディガンやセーターは、腕まくりを繰り返していると 袖口がゆるくなる。

洗い物をするときに袖口にこのカバーをしておくと、カーディガンや セーターを濡らさずに済む。


どちらかというと、必要に迫られてというよりは「もったいない」が 先にきた小物づくりだが、それなりに楽しんで使っている。

失敗しても惜しくないので、不器用なわたしの練習にはちょうどいい。


タルト 記

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

「にほんブログ村」「人気ブログランキング」に参加しています。
お手数ですが、上のバナーをクリックしていただけたらうれしく思います。
クリックすると、似たテーマについて書かれたブログのリストをご覧になれます。

スポンサーサイト



お昼ごはんこそ探検のチャンス!

電車に乗って昼ごはんを食べには行きませんよ、ふつう」

同僚があきれたような顔をしてそう言った。

そうなのかなあ?

夕食は家でとるわたしにとっては、昼ごはんこそが探検の チャンスだ。


大きな駅の近くなら、地図帳に詳細図がある。

そうでない場合は、住宅地図があればビルの名前など、かなり 細かいところまでわかる。
わたしは職場を中心に、ひと駅区間内の住宅地図を手に入れて、 暇なときにインターネットで調べたお店の情報を、どんどん 書き入れていった。


寿司

手軽な値段でにぎり寿司が食べられるお寿司屋さん、熱々の とんかつを出す定食屋さん、セットメニューがある 韓国料理屋さん、などなど。


小さな職場なので、事務職でも意外と外出がある。

頼まれた手紙や小包を出しに郵便局に出かけたり、職場の備品を 買いに文房具店に行くとか、ポスター大に写真を出力するために コピーセンターに行くこともある。

そういうときこそ、探検のチャンス。

少しお昼の時間をずらせば、用事のあるところの近くでお昼を 食べてくることができる。


男性の同僚たちは、いつも変わらず、職場に近いところで食事を とっている。

話を聞いていると、牛丼と立ち食いそば、中華食堂の3点の 永久運動みたいな人が結構いる。

女性の同僚はといえば、お弁当持参派もいるが、パンやお弁当を 買ってきて、休憩室に集まって一緒に食べる感じなので、これまた 探検など無縁だ。


そういうわけでわたしは、入社して3か月もしないうちに、職場で もっとも遠くまでお昼を食べている人になってしまった。

たいていは夜よりも昼の営業のほうが割安なので、ちょっといい お店で食べたいときも結構お得だと思うのだけれど、みんな お昼ごはんなんて考える暇がないくらい忙しいのかなあ?


タルト 記


☆探検しないときのお昼はこんな感じ 妻のお昼におむすびを作る にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 


 お手数ですが、上のバナーをクリックしていただけませんか? 
「にほんブログ村」「人気ブログランキング」に参加しています。
 バナーから、同じカテゴリで書かれたブログの一覧に移動できます。

お弁当版「わらしべ長者」<後篇>

「このおむすびってご主人が作っていたんだ」

「タルトさんのご主人って料理できるの?」

「お仕事は何なの?」

 (これまでの話はこちら


が妻の弁当を作っているのがよほど珍しいのか、あれこれ きいてくる。

何から説明したらよいか、妻が口ごもっていると、女達の話題は いつのまにか、自分のに移っていった。


「うちのが作ったのなんて食べれないわ」

「そうよねえ。トイレから出て来て、手も洗わないのよ」

「うわー、それでおむすび作ったら、おなか壊しそう」

「タルトさんのご主人は手を洗うんでしょう?」

「え、ええ、そりゃねえ」

「いいわねえ」


そんなことで羨ましがられても、僕としてはまったく嬉しくない が、その日は妻の弁当が職場の話題をさらっていたそうだ。


「でもね、そこで終わったんじゃないのよ」

「どうしたの?」

「サカイさんが、あなたが作ったおむすびを食べたいって 言うから、ひとつ、あげたの。そうしたら、もらうだけでは 悪いからって、おかずをくれたのよ」

「わらしべ長者みたいだね」


おむすび


「それでね、今度はヤマモトさんも換えようって言うの。でも、 皆と換えたら、私が食べる分がなくなっちゃうじゃない?」

おむすび食べなかったの?」

「食べたわよ、2個だけ。その代わり、今日換えられなかった 人のはまた明日って予約が入っちゃった」

おむすびの予約なんて聞いたことないねえ」

「でしょう? でね、明日のおむすびなんだけど、いつもより 多めに作ってくれない? 12個とか」

「余分に作れって言うのか!?」


妻の昼食のおかずを心配する必要がなくなったのは歓迎だが、 妻の同僚のために余分におむすびを作らねばならなくなるとは、 想像したこともない事態だ。

その夜から、僕の家事が増えてしまったのである。


もなか 記


もなかのお弁当づくりの話はこちら 妻のお昼におむすびを作る


 にほんブログ村 家族ブログへ


お手数ですが、上のバナーをクリックしていただけませんか? 
「にほんブログ村」「人気ブログランキング」に参加しています。
 バナーから、同じカテゴリで書かれたブログの一覧に移動できます。