疑わしきは洗濯ネットへ!

結婚してから洗濯に困るようになった。 妻の服をどう扱ったらよいかわからない。 そのまま洗濯機に放り込むのではなく、洗濯ネットに入れて 洗うものがあるそうだ。 洗濯物の一部を選択して、洗濯ネットに入れて洗濯する。 こんな禅問答のようなことを言われてもわかるはずがない。

洗濯ネット

だから、初めのうちは何でもかんでも洗濯ネットに入れた。 「こんなものも洗濯ネットに入れているの?」 洗濯物を干そうとする度に妻に驚かれたが、わからないものは わからない。

  妻も説明はしてくれる。 ガラス玉のような飾りや、刺繍がある服は洗濯ネットに入れる。 他に、襟の付いたシャツやスカートなどは素材によって扱いが 違うので、洗濯表示を見て決める。 しかし、こんなことを言われてもよくわからない。 第一、洗濯表示なんて、今まで見たこともない。 暗号のような絵が描いてあるが、何を意味しているのだろうか?

一応、インターネットで調べてみるが、複雑怪奇。 説明通りに分類していたら、それだけで何時間かかるか わかったものではない。

結局、「怪しいもの」を全部洗濯ネットに入れている。 我が家には洗濯ネットが10枚以上あるが、前から妻が持っていた 2枚以外は、すべて結婚後に買ったものだ。

ところで、妻が洗濯するときに僕の服を洗濯ネットに入れる ことがある。

代表はズボンだが、僕は洗濯ネットを使ったことがない。 入れた方がよい理由を説明してくれたが、聞いたそばから 忘れてしまった。 結婚してよかったことはいろいろあるが、洗濯については 一人暮らしの時の方が楽だった。 何でも洗濯機に放り込めばよい。 結婚後、僕は妻の服を手にしたまま、洗濯ネットに入れるべきか 入れざるべきかと迷ってばかり。

世の既婚男性はどうしているのか、聞いてみたいものだ。

もなか 記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ 


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments