夫のシャツで小物づくり

「このシャツ、袖を短くできないかな?」

何年も前に買ったシャツを、夫がもってきた。

最近は夏の暑さも厳しいから、長袖よりも半袖のほうが出番が 多い。


「少し袖口がくたびれてきているから、ちょうどいいわね。 短くしましょうか」

ちょきちょき、ちょきちょき。

シャツは半袖丈に仕上げて、夫に渡した。


さて、中途半端に余った袖部分をどうするか?

腕カバーにするには短いし、袖口に芯地が入っているので 縫物には使いにくい。

袖口の部分を生かして使えるので、ごく短い腕カバーにしてみた。 腕カバー


作ってはみたものの、具体的な使い道が思いつかなかったのだが、 これが意外と役に立つことがわかった。

夏場、自転車で買い物に出かけるときに、ちょうどいいのだ。

袖口から出た手の甲を覆うのに、具合がいい。


冬場には、また別な用途があった。

毛糸のカーディガンやセーターは、腕まくりを繰り返していると 袖口がゆるくなる。

洗い物をするときに袖口にこのカバーをしておくと、カーディガンや セーターを濡らさずに済む。


どちらかというと、必要に迫られてというよりは「もったいない」が 先にきた小物づくりだが、それなりに楽しんで使っている。

失敗しても惜しくないので、不器用なわたしの練習にはちょうどいい。


タルト 記

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

「にほんブログ村」「人気ブログランキング」に参加しています。
お手数ですが、上のバナーをクリックしていただけたらうれしく思います。
クリックすると、似たテーマについて書かれたブログのリストをご覧になれます。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments